靴底が減ることについて

2019.05.12
笑足

皆さん、普段よく履いている靴の靴底はチェックしていますか?

 
こんにちは、今回は笑足スタッフの村橋が、町で歩いている時に最も!気になる事を書きたいと思います
 
特に階段など登っているときに、前を行く人の足元をついつい見てしまうんですが
靴底の減った靴を履いている方、すごーーく多いんですよね
薄くなった靴底で歩くと、一歩一歩が傾いてしまい、足首や膝までが歪んでしまうので、後ろから見ているとめちゃくちゃ気になりますし、心配になります💦
 
靴底が減る=すごく歩いた!という事で、喜ばしい事と思われるかもしれませんが、すごく危ない事なんです
例えば、地面が傾斜している場所に、斜めのまま家が建っている……いやいや!無理でしょう!てなりますよね
もはや倒壊寸前です
 
靴底が減っている=足・身体の基礎が斜め
という事なので、上記の倒壊寸前の状態で、皆さん歩かれているんですね
 
歩けているなら、大丈夫じゃない?という声が聞こえてきそうですが、歩けてしまうからこそ、怖いんです 😥 😥 
 
人の身体は建物より圧倒的に柔軟性があり、骨も筋肉も、日常の中で少しずつ歪みが蓄積され、歪みに合わせて変化してしまいます
建物では倒れてしまうような基礎でも、そのまま歩き続けることで、変形してバランスを取ったり、妙な場所の筋肉を鍛えたりしてしまって、補ってしまうんです
分かりやすい例を挙げるとO脚やX脚、猫背や反り腰でしょうか
 
人の身体はすごく複雑ですから、妙な動きや姿勢で過ごしていると、歪みとなって、全身にさまざまな不都合がおきます
各部位の痛みや変形、冷えやむくみ、血流が悪くなると内臓の働きも落ちますし、そうなると色々な病気も出てきます
一歩一歩、足に負担が掛かることは、全身に影響のある事と思って頂きたいです
逆に、一歩一歩が理想的な状態で歩ければ、身体は気持ちの良い方へ変わろうとするものですから、徐々に本来の、良い形に変わっていきます🍃
 
あれ?なんだか調子が悪い…でも、そんなに困るほどではない。だから大丈夫!と思って、無理していませんか?
それってもしかしたら、靴を見直す事で変わる事が多いかもしれません。
 
あれ?なんだか、いつもより調子が良い。なんだか身体が軽い、なにかが変わった!そんな日常になると良いなと思っています 😆 😆 
 
靴底がいかに大切か、分かっていただけたでしょうか!
しっかり足に合った靴を、正しく履く事、それはとても心地よいものです
笑足では、靴底だけの修理も承っております
大切な靴を快適に、何年も履き続けられるように、一緒に歩いていきましょう♪
見出しテキスト